社員インタビュー

コミュニケーション開発本部
コミュニケーション・プロデュース部
企画開発クリエイター

福嶋 友人
2019年度入社

企画開発クリエイターの仕事について教えてください。

正直にいうと自分の肩書きが企画開発クリエイターであることを最近知りました。
何が言いたいかというと、それくらいあまり肩書きを意識しない仕事だということです。
自分は学生の頃から一人でこもってアニメーションやマンガを描くのが好きで、今でも仕事の休みの日はずっと引きこもって何かを描いています。そうして作ったものをSNSなどで個人的に発信しているのですが、最近ではそれを見てくれたクリエイターや他社の方が声をかけて下さって、ROBOTのプロジェクトとして作品を制作することができるようになってきました。

企画開発クリエイターというとなんだか仰々しいですが、
要は自分の中にある好きという感情であったり、面白い、美しいと感じるものが一体どこから来てなぜそう思うのかといったことを分析して、それを自分のフィルターを通しつつ他者と共有できるように形にしていく仕事なのではないかと思います。
「なのではないかと思います」という書き方をしてしまったのですが、「こういう仕事なのだ」と断定できないのがこの仕事なのかもしれません。

この職種のやりがいは何ですか?

ものを作ることは楽しいことばかりではなく、時にしんどいこともあります。
例えば、時間がない局面に限って予期せぬアクシデントが次々に起こったり、真剣にやればやるほど自分の未熟さがどんどん露呈したりして、なんでこんなこと始めたんだろうと思うこともしばしばあるわけです。

それでも作品が完成した時、たった一言誰かに「いいな、すごい好きだなぁ」「面白いなぁ」とか言われると、苦しさとか大変さとか一気にどこかへいってしまうんですよね。
その一瞬こそが醍醐味というか、この仕事のやりがいかなと思います。

fukushima

この職種に向いている人はどんな人ですか?

好奇心旺盛で何にでも興味を持ってしまう人。誰にも負けない「好き」がある人ですかね。

あともう一点、これは個人的なお話なのですが、自分は小さい頃から、アウトプットする場所や媒体がないのに、何かをインプットするのが恐ろしいと感じていました。
というのも、何か素晴らしいものに出会ったり、読んだり、見たりしても、それをうまく調理して外に出すことができなければ、自分の中でその素晴らしい体験を飼い殺し、腐らせてしまうのではないかと思っていたからです。しかし、自分の手を動かしながら思考し何かをアウトプットできるようになってからは、そういう恐れはなくなりました。むしろ貪欲に、あらゆる全てを吸収したいと思えるようになれました。
そういった恐れみたいなものを抱えている人も向いていると思います。

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

まだ入社して日が浅く、僕自身しっかりと他の部署や他の職種と関われていないのでなんとも言えないのですが、部署間の隔たりはほとんどないように感じます。
それぞれの得意分野を生かして円滑にコミュニケーションをとりながら、いいものをつくっていきたいと思っています。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

具体的な目標ではないのですが、一貫して自分がいつか必ずやりたいと思っていることがあります。
それは上の世代が生み出してきた魅力的なコンテンツや自分を救ってくれた物語を、ただ享受して終わるのではなく、次の世代へバトンを渡すこと。
つまり、自分が与えられたものを次の世代へ返していくことですね。

fukushima

ROBOTはどんな会社ですか?

就職活動の時から、ROBOTという会社は、他の会社と比べて変わっているなという印象を持っていました。
言い方はあまり良くないのですが、どことも似ていない、異端児的な印象を持っていました。やはり入社してからもその印象は変わっていないです(笑)。
TVCM、映画、アニメーション、アプリ、イベントなど、ここまで幅広く網羅している会社は他にないのではないでしょうか。
何か面白いものが生まれてきそうなワクワク感が詰まった会社だと思います。

就活生に一言お願いします。

器用に上手くやろうなんて思わない、ということが大事だと思います。
不器用でもいいから本気で、必死に自分の思いを伝えようとすれば、必ず相手には届きます。飾ろうとしてはいけません。
とにかく素直に正直に!ですかね。

fukushima
fukushima

高校生の頃から書きためていた日記兼アイデア帳です。いつか役に立つ時が来るのではないかと日々の鬱屈した気持ちをぶつけて書いてきました(笑)。
何か上手くいった時、逆に何をやっても上手くいかない時などに開いて初心を忘れないために読み返しています。たまーに仕事のネタになったりすることを昔の自分が書いてたりするので割と重宝しています(笑)。

入社後のキャリア

  1. 企画開発クリエイター