社員インタビュー

クリエイティブ本部
編集部
エディター

土屋 貴聖
2016年度入社

エディターの仕事について教えてください。

撮影された素材を元に、カットの尺やタイミング、構成を決めていく仕事です。
入社直後は先輩エディターの横で、編集の仕込みやテロップ入れなど、編集を円滑に進めるためのアシスタント業務が主な仕事でした。2年目で徐々に小さな仕事を一人で編集させてもらえるようになり、3年目からはメインのエディターとしてTVCMに限らず様々なジャンルの映像を編集しています。

この職種のやりがいは何ですか?

編集は映像制作の最終工程なので、とても重要です。
時間をかけて撮られた素材を生かすも殺すも編集次第なので、プレッシャーは常にありますが、良いものができた時の喜びは他の仕事では味わえないのではないかと思います。

tsuchiya

この職種に向いている人はどんな人ですか?

正直どんな人が向いているか分からないですが…
“自分の意見を言えること”は必要だと思います。
監督やクライアントの意見を聞いて、実際に手を動かすのはエディターです。
ただ手を動かすだけのエディターにならないように、自分の意見を伝えて、より良い編集にしていくことが大切だと思っています。

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

僕はエディターとして、いろんな部署の案件で映像編集を担当しています。
以前担当したアーティストのライブのVR制作では、コンテンツ本部が主導となってプロジェクトを進め、実際の撮影は制作本部とも連携し行われていました。僕自身初めてのVR編集でしたが、各部署の連携や周囲のサポートのおかげで無事にやり遂げることができたと思います。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

僕は興味が散漫な方なので、気になることはどんどん掘っていきたいです。
それが編集に活かせたら最高ですが…
編集に限らず、色々な引き出しを増やしていけたらと思います。

tsuchiya

ROBOTはどんな会社ですか?

自由な社風だと思います。
新卒で入社したので、他社と比較はできないですが、少なくとも僕はやりづらさをあまり感じていません。
意見を言ってもちゃんと聞いてくれますし、至らない点は指摘してくれます。
雰囲気の良い職場です。

就活生に一言お願いします。

映像業界の中でエディターというかなり絞った職種を選ぶのは勇気がいることだと思いますが、仕事にする価値がある職種だと思います。

就職活動、気負わず頑張ってください!

tsuchiya
tsuchiya

姿勢が悪いので、先輩から骨盤矯正クッションをもらいました。

入社後のキャリア

  1. アシスタントエディター

  2. エディター