社員インタビュー

コンテンツ本部
第1コンテンツ部
映像コンテンツプロデューサー

瀬崎 秀人

映像コンテンツプロデューサーの仕事について教えてください。

ドラマ、映画、WEBムービーなどの映像制作を行なっています。
現在は劇場公開映画の制作準備をしています。進行工程としては、脚本や予算の作成、キャスティングです。今後はスタッフや音楽家の選定を行います。

映像コンテンツプロデューサーを目指す場合、広告のプロダクションマネージャーと違い、細かく職種が分かれているので色々ななり方があると思います。一般的にはアシスタントプロデューサーや制作担当(プロジェクトマネージャー)を経て、プロデューサーになる方が多いです。

この職種のやりがいは何ですか?

この仕事のやりがいは、完成した作品が自分の思い描いていた仕上がりを超えた時の驚きだと思います。
カメラアングルや演者のお芝居、美術、音楽やCGなど、各部署のプロフェッショナルなスタッフの力が集結し、自分の想像を超えていく。その瞬間に立ち会えることが何よりも楽しいですね。

sezaki

この職種に向いている人はどんな人ですか?

映画やドラマが好きな人だと思います。
最初はとても大変ですが、1日1日と撮影が進む中で、作品が出来上がっていく過程を楽しめる方がいいですね。

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

ゲームアプリのTVCMとWEBムービーを、コミュニケーション・プロデュース部と制作しました。
コミュニケーション・プロデュース部がクライアントとの架け橋になり、第3コンテンツ部が映像の実制作を担当しています。
各部署の連携によって、広告の視点とドラマの視点をうまくかみ合わせて作っていけたことが良かったと思います。
実際、クライアント、代理店のクリエイティブとの距離感がとても良く、俳優陣も最初は広告モードでしたが、終わる頃にはいつものドラマの現場のように楽しくやっていました。
そういう雰囲気が作品に出ていると感じました。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

今はまだ漠然としていますが、自分のキャリアを活かして新しい映像の表現ができるコンテンツを作りたいです。

sezaki

ROBOTはどんな会社ですか?

マルチメディアな会社。
多種多様な職業の社員がいる会社だからこそできる映像表現があると思います。
会社に関わる人たちの仲が良いのも強みですね。

就活生に一言お願いします。

ROBOTだからできる事があると思います。
一緒にお仕事ができるのを楽しみにしております。

sezaki
sezaki

撮影を通じて色々な経験をしています。

入社後のキャリア

  1. プロデューサー