社員インタビュー

制作本部
R7プロデュース部
プロダクションマネージャー

菊池 実里
2013年度入社

プロダクションマネージャーの仕事について教えてください。

プロダクションマネージャーの仕事は、映像制作の“予算・スケジュール管理”が主な仕事です。
企画から完成まで全ての工程に携わり、クライアントが求めるもの、監督の作りたいもの、各方面の意見を聞きながら、与えられた予算とスケジュールの中で現場を仕切ります。
現場を進行していく中で、叶えられないこともたくさんあります。そんな時は、できないという事実だけを伝えるだけではなく、自ら方法を考えたり、スタッフと模索したりします。叶える為に予算が必要だとプロデューサーに相談したりもします。どうしても叶えらないならせめてと、現場が盛り上がるように色々な気遣いもします(笑)。
とにかく関わる人たちが気持ちよく仕事ができるよう、臨機応変により良い進行を考えることが私たちの仕事です。

現在は、とある企業のWebブランドムービーや、シリーズもののTVCMなど、様々な案件に携わっています。企業のブランドムービーでは、1ヶ月で5カ国の国を回りました。各国の社員の方々を取材する撮影でしたが、出会う人々、聞くお話、言語、食べ物、文化…1ヶ月間という短い期間の中で、こんなにも毎日違う体験をすることができたのは、この仕事ならではだと思います。

この職種のやりがいは何ですか?

日々、新しいことが起こることかなと思います。
それは大変さにもつながりますが、飽きることはないです。そして、同僚とその出来事を共有して、「やばいね〜」って言い合っているのが、一番楽しいかもしれません。中毒みたいなものです。その話をしているときだけは辛い時間を忘れて、ただ笑ってます。

kikuchi

この職種に向いている人はどんな人ですか?

“心配性”な人は案外向いていると思います。
確認ごとの多い仕事なので、先に起こるリスクを予測し、常に確認をすることはすごく大切なことです。
ただ、あんまり考えすぎてしまう人はダメです。
心配な出来事を思い出して考えるけど、これは明日の朝にできるな。って冷静になれる心を持っていると、最高です。

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

以前、アニメーションを用いたTVCMのシリーズを担当した際、企画・演出をクリエイティブ本部のプランナーとディレクターに、アニメーション制作をコンテンツ本部に依頼したことがありました。
長いスパンでありながらコンスタントに納品していくお仕事だったのですが、実制作のスタッフを全てROBOTで固めたことにより、密にコミュニケーションをとりながら進めることができ、何か急な作業が発生したときでも柔軟に動くことができました。
当時、入社して間もなかった私には、わからないことが多く、できないことばかりでしたが、ROBOT社内という相談しやすい環境で、他部署の先輩方にたくさん助けていただいたことを覚えています。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

正直に言うとまだありません。今、見つけている最中です。
仕事を始める前に持っていた目標は、現実を知って、本当に叶うのか?と思ってしまい、一回立ち止まってしまいました。
そんな時間を今は過ごしていますが、決して辛いわけではありません。それは今の仕事を通して、毎日いろんな経験ができているからだと思います。いろんなことを経験しながら、今後の自分を考えている最中です…というとすごく贅沢な時間ですね。
まずは目の前にある仕事に全力を尽くし、自分を知り、そこで得た経験で今後のことを考えようと思っています!

kikuchi

ROBOTはどんな会社ですか?

すごく風通しの良い会社だと思います。
「小さなことでも働いていて気になることは言っていいよ。」と言ってくれる上司がいます。そしてそのことに真剣に耳を傾けて、実行してくれます。

広告を作る制作本部だけではなく、ROBOTには様々な部署があるので、今まで経験したことのない案件に出会っても、社内に頼れるエキスパートがたくさんいます!

就活生に一言お願いします。

やってみないとわからないことがたくさんあります。
“これは違う”と思うことも経験になります。なので、怖がらず挑戦してほしいです。
私もその挑戦の最中なので、一緒に頑張りましょう!

kikuchi
kikuchi

撮影は日焼けしたくない派です。

入社後のキャリア

  1. プロダクションアシスタント

  2. プロダクションマネージャー

  3. チーフプロダクションマネージャー