社員インタビュー

コミュニケーション開発本部
インテグレーテッド・デザイン部
デジタルプロデューサー

入江 俊

デジタルプロデューサーの仕事について教えてください。

TVCM・WEBムービーと連動した特設サイトやSNSを絡ませたプロモーション施策、常設展示物のデジタルサイネージ系の制作、インタラクティブコンテンツの開発など、デジタル領域の様々な仕事を担当しています。

具体的には、クライアントからオリエンテーションを受けた後、
昨今の技術やマーケティング、トレンドの知見と、これまでの自分の制作経験を活かして社内外のチームをまとめ、予算やスケジュールを管理しながら、プロジェクトを進めていくお仕事です。

最初は、制作進行を中心にとにかくデジタル案件の実制作で経験を重ねていきます。
一人でプロジェクトを担当できるようになると、プロデューサーとして独り立ちしていきます。

この職種のやりがいは何ですか?

プロデューサーは、オリエンテーションから公開まで関わる職種なので、公開した時の達成感はひとしおです。
クライアントの感想を生で聞けたときは、非常に感慨深いです。

また、良くも悪くもそのプロジェクトがどうなるかは、プロデューサー次第だと思うので、そのようなプレッシャーを感じながら、取り組めるところですかね。

irie

この職種に向いている人はどんな人ですか?

デジタルや広告制作の仕事がとにかく好きで興味がある人ですかね。
他の職種にも通じるのですが、この熱量の部分だけは、教えたり伝えたりすることができないので…

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

昨年とあるプロモーションのお仕事で、TVCMと連動してスマホでゲームに参加すると、コンビニで使えるクーポンがもらえる視聴者同時参加型TVCMというプロジェクトを担当したのですが、クリエイティブ本部、制作本部、コミュニケーション開発本部といった、ROBOTの様々な部署が連携して制作しました。

プロモーションというのは、ターゲットである人が動くことが大事だと思っており、どうしたら参加するか、動くか、というのを考え実現できたのは、やっていて非常にやりがいがあり楽しかったですね。

 失敗が許されない一発勝負ですごく緊張したので、次はもうちょっと…って感じですが(笑)。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

自分がまだ経験したことがないプロジェクトや、自分がいなければ成立しないお仕事を中心にやっていきたいです。

irie

ROBOTはどんな会社ですか?

ROBOTは、あらゆるクリエイティブを行っているプロダクションなので、その道の専門家・クリエイターがたくさんいることはすごい強みだと思います。

マニアックな趣味をもっている人もたくさんいるので、そんな人達の話を聞いているだけでも勉強になりますし、自分にはないものを吸収できるので、非常に楽しいです。

そんな中、「やりたい!」と手をあげれば任せてくれる社風なので、自分のモチベーション次第で、どんどん可能性を拡げられる会社なのではないかと思います。

就活生に一言お願いします。

デジタルは、とにかく変化が早いです。
ただ、テクノロジーがどんどん進化していくということは、今よりもっともっと広告を楽しくできるということなのではないでしょうか。
そんな可能性があるメディアが、デジタルだと思っています。

もし、そんな可能性にワクワクする人は、
是非チャレンジしてみてほしいなと思います。

irie
irie

日本中のマーケターが集まって、合宿形式で勉強をしたり人脈を広げたりするイベントにも、たまに参加しています。

入社後のキャリア

  1. プロダクションマネージャー

  2. アシスタントプロデューサー

  3. プロデューサー