社員インタビュー

コミュニケーション開発本部
コミュニケーション・プロデュース部
企画開発プランナー

浅野 まき
2017年度入社

企画開発プランナーの仕事について教えてください。

TVCMやWEBムービー、SNS施策といった企業広告の他に、VRやデジタルコンテンツ、イベント、商品開発、観光事業、地方創生など幅広い領域での企画開発を担当しています。
その中でよくある仕事が、課題解決のためにクライアントと「何をどうすれば、より良くなるのか」を一緒になって考えていくことです。
柔軟に様々な形で企画を提案することができますが、 言い換えればメディアを限定せずに企画を考えられる力とアイデアが求められます。色々な方面からプランニングすることに興味がある人にとっては魅力的な仕事だと思います。

この職種のやりがいは何ですか?

自分のアイデアが形になって世に出ていくことです。
たとえ自分のアイデアがそのまま採用されなくても、少しでも活用してもらえると素直に嬉しいですし、他の人の意見から自分のアイデアの引き出しが増えていくことはとても勉強になると感じています。
また、幅広いメディアを活用した提案ができるので、世の中にない「新しい何か」をチーム一丸となって作っていけることも面白さの1つだと思います。

asano

この職種に向いている人はどんな人ですか?

ジャンルを問わず色々なことに興味を持ち、探れる人だと思います。
面白いものや流行をワクワクしながら探すことが企画力に繋がると考えています。多種多様なメディアを横断して企画を考えることが多いので、様々な知識や経験が企画をするときにとても大事になってきます。
集めた情報について「何がいいのか」考える癖を是非つけてみてください。

他の部署や他の職種との関わりを教えてください。

アイデアを出すことが仕事なので、実制作の段階で他職種の人と多く関わるようになります。
TVCMとSNS施策を行うプロジェクトでは、クリエイティブを統括するクリエイティブディレクター、全体のビジュアルを作るアートディレクターとデザイナー、そしてTVCM担当のプロデューサーとプランナー、SNS関連を担当するデジタルディレクターとプロデューサーとプランナーなど、部署を跨いで色々な職種の社員が参加しています。
プロジェクトによって必要となる職種が変わるため、どの仕事をしていても色々な発見があり、とても楽しいです。

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

様々なメディアを組み合わせた魅力的な企画を提案し、実現したいと思っています。広告映像だけでなく、メディアアート、イベント、プロダクトなど幅広い方向から提案できるようなプランナーになりたいです。またアニメや漫画が好きなので、それらのお仕事もできたら嬉しいです。

asano

ROBOTはどんな会社ですか?

ROBOTは一つ屋根の下で、色々なコンテンツを制作している面白い会社です。
さらにVRやAR、8Kといった最新技術をいち早く取り入れて、新しい表現技術を使った作品を制作しているので、社員も好奇心の強い人が多いと思います。

就活生に一言お願いします。

就活はある意味で体力勝負です。日頃から体調に気をつけて、色々なセミナーや企業面接に取り組んでください。
そして少しでも興味があれば、職種問わず色んな企業に訪問するのもありだと思います。学生のうちでなければ様々な企業へ訪問することはできないので、気になるところがあれば、どんどん行ってみてください!

asano
asano

自分のデスクです。好きなものや資料になるものをごちゃごちゃと置いています。
基本的にいつもここで作業していますが、ずっと同じ場所にいると煮詰まるので、よく外に出て面白そうなものを探しに出かけています。

入社後のキャリア

  1. プロダクションアシスタント

  2. 企画開発プランナー見習い

  3. 企画開発プランナー