社員インタビュー

コンテンツ本部
コンテンツ・プロデュース部
映像コンテンツプロデューサー

松本 真輝
2005年度入社

映像コンテンツプロデューサーの仕事について教えてください。

TVCMやPVだけでなく、あらゆる映像制作のプロデュースです。
スタッフや予算、スケジュールの面で、クライアントとクリエイティブスタッフとの間を調整し、一緒に完成を目指していきます。

会社に入ってすぐはプロダクションマネージャーとして、映像制作の現場で、どういった意図のもとにどのように映像が作られていくのかを、各セクションのプロに囲まれながら学んでいきます。
というのが、職種としてオーソドックスな流れですが、実際はプロデューサーそれぞれが、その人ならではのキャリアパスを踏んでいる事が多いです。
私は、テーマパークのアトラクション映像やVRの映像などの仕事をしています。

この職種のやりがいは何ですか?

元々テレビが好きで、田舎から出てきたこともあり、芸能人に会いたいというのが当初の夢でした!本当にテレビが好きだったので、テレビの向こう側にいけるという喜びがありました。
今はテレビの枠を超えた様々な”映像”で、人を楽しませるコンテンツを制作する側にいられる事を嬉しく思います。

matsumoto

この職種に向いている人はどんな人ですか?

とにかく人と話すことが好きな人。
“コミュニケーション能力”と言うとなにか面白く話したり、人を説き伏せたりする能力のように思うかもしれませんが、話すことが嫌ではないこと、相手のことを考えて話せることがまず大事です。
どれだけメールが浸透しても、直接話すことの大切さは変わらないものです。電話や会って話す事でしかわからないニュアンス、温度感などを感じて、積極的にコミュニケーションをとることができると良いですね。
話し相手が自分の味方になってくれることが、結果的に仕事をスムーズに進めることに繋がります。話す相手はその道のプロばかりなので、技術や知識で勝負するのではありません。必要なのは人間力といった感じのものでしょうかね!

将来やりたいこと、目標などを教えてください。

テレビやパソコンといった、四角い画面の中に流れる既存の映像だけではなく、その枠を超えた映像に興味があります。あとは、映像と何かを掛け合わせたコンテンツも作ってみたいです。
映像は今や世の中に溢れてかえっているわけですが、まだまだ見たことのない映像表現や、それを観る・映す場所があると思うので、それを探していきたいです。

matsumoto

ROBOTはどんな会社ですか?

他社と比べての強みという点では、社内に色々な部署があることだと思います。
映像もグラフィックもWEBもCGも映画も…細かく言えばもっとたくさんの事業をしているので、その繋がりを業務で生かすことができます。例えば、映像と連動したポスターやWEBサイトを作る時に、それらを全部社内で完結できるのは、やり取りのスムーズさや予算の面でもメリットだったりします

それと社外のスタッフからは、ROBOTはおしゃれでシュッとしてるイメージだと言われますね。本当かどうかはみなさん一度覗きに来てみてください。

就活生に一言お願いします。

正直、仕事としては普通のサラリーマンと比べるとかなり大変です。それでも、特殊なこの仕事を選ぶなら、”この仕事をしたい”と決めた時の、各々の熱い思いを忘れないでください。
大変な仕事の中にも、楽しいポイントが必ずあります。それを自分の中で見つけることができたら、大変な仕事もやりがいに変わっていきます。

この仕事を選んだ皆さんと、ご一緒できることを楽しみにしています。

matsumoto
matsumoto

スタジオで撮影したり海外に撮影に行ったりと、派手な仕事もありますが、こういうのも仕事です。

同じ職種の社員インタビュー